カテゴリ:コウセイ( 2 )

ロマンの海・熱海

ポイント :熱海・沈没船&小曽我洞窟
天気   :晴れ
水温   :18℃
透明度  :20m
スーツ&インナー:ヒートテック&ワールドダイブインナー
ご飯   :アジのたたき定職

こんにちは!今日はビギナーダイバー憧れの地、そして観光地として有名でもある熱海へ潜りに行ってきました。
熱海って響きは良く聞くけどいったいどんな海なの?

説明しよう!熱海とは、古くからの湯治の地であり、地名は「阿多美」であったが、海から熱い湯が湧き出ていたことから「熱海」とされた。1604年には徳川家康も来湯している。

鉄道省熱海線(現在のJR東海道本線)開通以降、首都圏からの保養客が押し寄せ一大保養地になった。かつては新婚旅行や職場旅行の定番(行き先)であり市の中心地東海岸町などには大型ホテル・旅館が数多ひしめいていた。

1990年代以降社員旅行の衰退と大型宿泊施設を敬遠するムードから斜陽化し転業も多い。一方で、2000年代に入り温泉を引いたリゾートマンションが増加している。

2006年、熱海市長は財政危機宣言を発している。ただ、財政力指数が1を上回る地方交付税自体不交付でもあるため富裕団体ともいえ、一連の発表は各方面に影響を与えた。理由として基金の取り崩しによる黒字であり、基金が底をつく可能性が高いためである。プライマリーバランスでは事実上赤字財政である。

しかし近年の原油高騰に伴って自動車の利用が控えられる傾向にある中で、都心の近くにあり、鉄道交通の便のよさから離れた客足が戻ってくる傾向にある(逆に自動車利用者を意識した観光地では観光客が減少しているという)。

はい、完全に関係ありませんね。改めて説明し直すと、
熱海にはポイントがいくつかあるのですが、今日潜ったのは代表的ポイントである沈船ポイントと冬季限定でダイバーに開放される小曽我洞窟です。
沈船は水深30mに全長約80mもある船が沈んでいます。その周りには物陰に隠れる事ができるためか
小魚がグッシャリ群れています。そして船体は時の進みを感じさせる風化とソフトコーラルに覆われたなんともクラシックな雰囲気。
船体の欠けている部分から船内に浸入し昔は階段があった場所を泳いで通る・・・
当時現役で動いていたときの事を簡単にイメージできるパーツの数々・・・
これぞロマンです。

2本目の小曽我洞窟も、大きな亀裂から岩場の中へと入っていけるのですが、
なかなかの大きさで振り返ると外から入り込む光が濃いブルーに揺らめきとても幻想的。
これもロマンです。
そうです、熱海はロマンが止まりません。

こんなワクワクするポイント、そうそうありませんぞ。



2013年4月までの「伊豆定食」はコチラ
[PR]

by izuteisyoku | 2014-12-06 20:36 | コウセイ | Comments(0)

3/21.22大瀬崎無制限ツアー

ポイント :大瀬崎 湾内
天気   :晴れ
水温   :14℃
透明度  :3〜5m
スーツ&インナー:ワールドダイブインナー&ヒートテック
ご飯   :やじきたのとんかつ定食&マグロ中落ち天日干し

今週は自分の限界に挑戦、大瀬崎湾内無制限潜り放題ツアーに行ってきました。
体力と減圧不要限界に注意しつつも、人は1日に何本もぐれるのか?
という飽くなき探究心が僕らを突き動かします。

潜っては休み、潜っては休み、いつの間にか「次何本目でしたっけ?」という感覚になっていきます。
そんなに潜って飽きないの?思われるかもしれませんが、飽きません!
かなりの種類の生物を発見、観察し、ネタが切れればスキルに走る!黄金パターンです。
とくに今回感動したのは深海魚の一種、「ミズウオ」
この時期に稀に浜辺に打ち上がった死体は見かける事があるのですが、今回はなんと生きている!
泳いでる!すっごく感動しました。生きているミズウオの目はとても綺麗で深いブルーをしていました。

ナイトダイブや早朝ダイブもがっつりやって2日間で合計7本潜りました。
あれ、大した事なくない?と思われたそこのあなた。次回の無制限ツアーでお待ちしております(笑)
なにはともあれ、楽しかったなー。春はもう、すぐそこですね。






2013年4月までの「伊豆定食」はコチラ
[PR]

by izuteisyoku | 2014-03-23 13:48 | コウセイ | Comments(0)